グーグル地図サービスで“領土論争” 「韓国領」と書き込み - 2008.11.23


 長崎県対馬市で不動産が韓国資本に買い占められるなどしている問題で、インターネットの地図サイト「グーグル・アース」上で対馬が「韓国の植民地」「韓国(領)」などと記載されていることが分かった。一般のユーザーが投稿したものとみられるが、全世界から見ることができるため、事情を知らない国内外の閲覧者の誤解を招く恐れがあり、問題化しそうだ。(宮本雅史、池田証志)
 問題のサイトは、インターネット・サービス会社「グーグル」(本社、米カリフォルニア州)が提供する写真共有サイト「パノラミオ」。同社の地図サイト「グーグル・マップ」や「グーグル・アース」に、ユーザーが写真やコメントをリンク(関連付け)することができる。
 このサービスで、対馬についても風景や観光名所などの写真が180件ほど公開リンクされているが、中には「Korea colony(韓国の植民地)」や「Daema island(Korea)=対馬島 韓国(領)=」などというタイトルの風景写真があるほか、「韓国の眺望」と韓国語でタイトルを付けた対馬の港とみられる写真もある。
 また、写真の下にある一般ユーザーのコメントには、「対馬(島)は韓国の土地、返してもらわなければならない」「韓国人たちよ、いまや独島(竹島)だけでなく、対馬もやはり取り戻すときがきた」などと韓国語や英語で書き込まれているものが約10件あった。
 こうした写真の公開は昨年ごろから始まり、コメントによる“領土論争”は今夏から過熱している。写真を投稿したユーザーの名前は韓国系のものとみられるが、あくまでもユーザー名なので実態は不明だ。
 これに対し、日本語や韓国語、英語で「対馬が韓国領土というのはありえない」「対馬が日本の領土というなら、その根拠を見せろ!」などと反論している書き込みもある。
 一方、竹島についても同様に「Dokdo Korean Island(独島=竹島= 韓国の島)」などのタイトルのもと、韓国の国旗や「韓国領」と彫られた岸壁などの写真数十件が公開されている。コメントは「独島(竹島)の所有権に限っては、日本人たちがどんな話をしようとも、無理な主張に過ぎません。独島は現実的、明らかに韓国の土地です」などと韓国語や英語で書かれており、より過激な内容となっている。
 グーグル・マップ上では、対馬は日本領であることが明記されているにもかかわらず、「韓国(領)」と断定する書き込みについて、グーグル社は「地図、地理サービス提供する限り、領土の問題は避けて通れない問題のため、中立的な立場を貫くことを旨としている」とし、社内に専任チームをおいて管理している。
 投稿写真やコメントについて「政治的な見解は著者に属するもの。グーグルとして選択していることはない」と説明。他社の権利を侵害していない限り削除はしない方針になっている。
 グーグル社の利用規約では「悪意のある暴力的な内容」や「法的な権利を侵害すること」を禁じているが、投稿内容については、ユーザーが個人的に責任を負うことなっている。

 「韓国人たちよ、いまや独島(竹島)だけでなく、対馬もやはり取り戻すときがきた。対馬(島)は、過去から現在まで、韓国の土地で、ただ、19世紀初め、日本帝国主義に一時的に強奪されただけだ。われわれが対馬(島)を取り戻さなければ、墓に眠るわが先烈たちが嘆き悲しむだろう」
 「対馬(島)は韓国の土地、返してもらわなければならない」
 「韓国政府が将来取り返すべき土地」
 「対馬(島)は高句麗王朝から朝鮮王朝まで韓国領だった。不幸にも19世紀初めに盗み取られ、韓国が(日本の)植民地だったから取り返すことができなかった。韓国だけでなく、日本と中国など他の多くの国の歴史的な証拠が領有権を認めている」
 【日本領派】
 「はるか昔から対馬(島)は、日本の土地です。日本人なら誰でも知っています。韓国人はもっと勉強しましょう」
 「対馬は日本の領土です。対馬は先史時代以降ずっと日本。魏志倭人伝にも倭国の中に入っている。対馬が韓国領土というのはあり得ない」
 「対馬はどう考えても日本の土地でしょ。そんなことばかり言っていると竹島が韓国の領土っていう主張も疑わしいものなんだなと世界中の人は考えますよ」
 「韓国政府でさえ対馬の領有権を主張していない。あまりに根拠が薄弱で、逆に恥をかくだけだからだ」
 「対馬(島)の美しい自然を汚すようなコメントは削除してください」

抜粋 産経ニュース




トップへ戻る