「草莽崛起(そうもうくっき)」とは、志を持った在野の人々こそが日本の変革を担う原動力になるということ、明治維新の父吉田松陰が維新への決起を促した言葉。
草莽とは「一市民」とか「在野の民衆」の意で、崛起は「立ち上がれ」という意味。

吉田松陰が唱えたこの草莽崛起(そうもうくっき)論は久坂玄瑞が武市半平太に宛て坂本龍馬に託した有名な書簡にも見られます。

「竟に諸候恃むに足らず、公卿恃むに足らず、
        草莽志士糾合義挙の他にはとても策これ無き事 」

今の権力者たちでは本当の改革は出来ない。身分を問わない志高い者が立ち上がって新しい時代を築くことを意味している。